ハーブティーをたしなむ

日本人の生活においてお茶というものは非常に深い関わりを持っています。緑茶は国民的な飲料であり誰しもが飲んだことがあるでしょう。紅茶や烏龍茶といった海外発祥のものも日常的に飲んでいます。 みなさんはハーブティというとどのようなイメージをもっているでしょうか。プーアールやローズヒップといったいわゆるハーブを煮出したお茶というイメージが強いかもしれません。

ハーブとは薬草やスパイスのように有用な草のことを指します。そのため、広義で言えば、茶ノ木を煮出した緑茶や紅茶、烏龍茶もハーブティの中のひとつと言えるのです。ハーブティは種類によっては独特の風味を持つものもありますが、現代においてはファミーリーレストランでも提供されるなど、一般的になってきています。これは日本人の生活の中に緑茶があった影響なのかもしれません。 今ではコンビニやスーパーでペットボトルに入ったものを買うことが当たり前になっていますが、かつては茶の葉を買って家で煮出すのが普通でした。緑茶以外にもドクダミなどを乾燥させて薬として飲んでいた地域もあります。

このような習慣が消えつつあるいまだからこそ、ハーブティーを自分で作るのはいかがでしょうか。その多くは気持ちを落ち着かせたり、健康や美容にもよいとされています。もっとシンプルな方法としてそれぞれの色や香りを楽しむこともできます。いくつかの注意点はありますが、家庭でも簡単にハーブティーを作ることができます。少し調べてみましょう。

Copyright © 2014 自家製ハーブティーの作り方 All Rights Reserved.